• sasaki

あると便利!キャンドルアイテム!

更新日:8月1日

こんにちは!

突然ですが、キャンドルを消した際に煙たい臭いが気になったことはありませんか?


キャンドルを焚いてお部屋が良い香りになったところ、キャンドルを消した瞬間に煙たい臭いがしてしまうのは残念ですよね。


実は煙たい臭いを出さずにキャンドルを消す方法があります。



それは、こちらのウィックディッパーで解決♪




<ウィックディッパーとは>

ウィックディッパーとは、キャンドルを消すときに使うキャンドルアイテムのこと。


使い方は簡単!


  1. 先端が少し曲がっている部分を火がついている芯に引っ掛けます。

  2. 引っ掛けたら、溶けた蝋に浸して火を消す。

  3. 火を消したら芯を垂直に起こす。

これだけで煙や嫌な匂いはほとんど出さずに消す事ができます!

さらに、蝋に浸して消すので芯がコーティングされて芯にも優しい状態に。

一つ注意していただきたいことは、


溶けた蝋(ロウ)に浸した後にちゃんと垂直に立てること。

これをしないと次にキャンドルを使用するときに芯が埋まってしまい困ったことになります。必ず芯を立ててくださいね♪

そして便利なキャンドルアイテムがもう一つ。

こちらのウィックトリマーも使い方簡単!

痒いところに手が届くアイテムですよ♪


<ウィックトリマーとは>

ウィックトリマーは、キャンドルの芯をカットする事ができるアイテム。

キャンドルの使用方法に「芯の長さを5mm程度にカットしてご使用ください」など記載されているのを見た事があると思います。




■なぜカットしなくてはいけないのか?


カットする理由は、芯が長いと炭化した芯がダマになって弾けたり、芯から黒い煤が出やすくなるのを防ぐためです。



浅い容器のキャンドルだとハサミで切って使用する分には問題ありません。

しかし、ちょっと深めの容器のキャンドルだと蝋(ろう)が減っていくにつれてハサミでカットしづらくなっていきます。

カットしようにも届きそうで届かない。

もどかしい!


私の実体験の話なのですが、普通のハサミでなんとかしようとしたところ、ハサミが届かなくて容器を傷つけてしまったことがあります。


おしゃれな容器だったので使い終わったら化粧ブラシ入れにしようと思っていたんです。涙

ウィックトリマーがあると、蝋が少なくなった深さのあるキャンドルでも

容器を傷つける事なくサッと芯をカットする事が可能になります!

芯をカットすることでよりキャンドルを気持ちよく使用する事ができるので、キャンドルを綺麗に使いたい方にはオススメのアイテムです!

木の芯のキャンドルの場合も同様にカットすることでケア出来ます。

蝋が固まった状態で黒い部分を少しカットしてあげると良いですよ!

蝋に炭化した木端が混ざって気になる!という方はやってみてくださいね♪

比較的見た目が綺麗な状態でお使いいただけます!


今、リッチキャンドルの実店舗では

ウィックディッパーとウィックトリマーのセット ¥3300(税込)を販売中!

色味はシルバーとアンティークブラスの2種類となっています。

もちろん、単品でそれぞれ購入も可能です。

ご入用の際は気軽にスタッフにお声がけください。


尚、ウィックディッパーとウィックトリマーは実店舗での販売となります。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

各記事右下の小さなハートを押していただけると励みになります!!

今月はレモンフェア、ラベンダーフェアを開催中!

この季節ならではの爽やかな旬の香りをお楽しみくださいませ。

SNSも各種更新しています!覗いてみてくださいね♪






Rich Candle(リッチキャンドル)

〒174-0072東京都板橋区南常盤台2-5-14ホープ南常盤台1W

TEL: 03-6909-4789