• sasaki

じめっとした空気をサッと消臭!papier d'armenie(パピエダルメニイ)トリプルの使い方

更新日:8月1日

じめっと蒸し暑くなってきてお部屋の中がちょっと臭う……という方におススメしたい面白い紙のお香。フランス生まれのpapier d'armenie(パピエダルメニイ)トリプル


知る人ぞ知る、実は人気があるpapier d'armenie(パピエダルメニイ)トリプル


実店舗がある東京都板橋区のときわ台駅(東武東上線)の近くにあるRich Candle(リッチキャンドル)にてお取り扱いしております。


香りを実際に確かめたいという方、いらっしゃいましたらこちらです!



なんだかCMみたいになってしまいましたね(笑)

papier d'armenie(パピエダルメニイ)トリプルのイメージ画
papier d'armenie(パピエダルメニイ)トリプル

papier d'armenie(パピエダルメニイ)】

紙のお香、papier d'armenie(パピエダルメニイ)はフランスで1885年に創業され、130年以上にわたりクラフト伝統を大切に守りながら受け継がれてきました。長い間フランス人に愛され、フランス政府から認証された無形文化財企業でもあります。

papier d'armenie(パピエダルメニイ)トリプル の香りはトラディショナル、ローズ、アルメニイの3種類。



トラディショナル:バニラと甘く暖かみがあるバルサミックノートが東洋を思わせる香り

ローズ:イランとトルコのふたつのローズにフルーティーさを加えた豊かな香り

アルメニイ:インセンスとミルラが溶け込んだウッディーバニラの雅な香り



本体サイズ:W80×D3×H55mm

内容量:3枚綴り12枚の36回分

燃焼時間:約3分

価格:トラディショナル 528円(税込)、ローズ 858円(税込)、アルメニイ 858円(税込)


※使用されている香料の関係で価格に違いがございます。



お香なので香りの他に煙も出ますが、煙らせながら空気の消臭をしてくれるところがすごいところ!


部屋のじめっとした空気や食後のイヤな残り香をじりじりモクモクフワフワとお部屋の空気を綺麗にしてくれます!



使い方は簡単です♪

まずはこちらを用意します。



【用意する物】


●papier d'armenie(パピエダルメニイ)トリプル

●ライターもしくはチャッカマン、マッチ

●灰皿や香台、不燃性の容器など



さて、用意が出来たら画像をご覧になって一緒にやってみましょう。



【使い方】


1. 3枚綴りの1枚をミシン目に沿って切る。


2. 1枚を蛇腹折りにする。


3. 蛇腹折りにしたものを小冊子から切り取り、耐熱皿や灰皿など容器の上に置く。


4. 本体の角にちょこっと触れる程度に火をつける。


5. 消臭しながら香る香りと紙のお香が燃える様子を楽しむ。



使用後は燃えカスを袋に入れて飛ばないようにして捨ててください。


手順2の際、小冊子から切り取った後に蛇腹折りにしても良いですし、蛇腹折りにしてから切り取ってもいいのでお好みで使いやすいように使ってみてくださいね♪



こなれた感じが出るのは蛇腹折りにしてから切り取る方法です!

お友達や家族の前で使う時に通っぽい雰囲気が出ます(笑)


また、上手に使うコツは火をつける際、お香の角にちょこっと火をつけることです。


注意していただきたいのは、エアコンの風で火が付いたままの紙のお香が飛ばされてしまうこと。飛ばされないように風向きには十分お気を付けください!




レトロでお洒落な見た目だけでなくお部屋の空気も消臭してくれる

papier d'armenie(パピエダルメニイ)トリプル。


消臭の他に芳香剤にもなるので、カバンの中や引き出しの中に入れておくと開ける度良い香りがしますよ。


食後の臭いや生乾きの残り香も良い香りで消臭できたら一石二鳥。



じめっ蒸した空気の消臭もしてくれるpapier d'armenie(パピエダルメニイ)トリプルは、ときわ台店のレジ横に置いてあります。気になった方は是非お手に取ってみてくださいね!



最後までご覧いただきありがとうございました。



今回ご紹介した商品は当店のネットショップからもお買い上げ頂けます。




SNSも更新していますので是非ご覧ください♪




Rich Candle(リッチキャンドル)

〒174-0072東京都板橋区南常盤台2-5-14ホープ南常盤台1W

TEL: 03-6909-4789